thum Kzgperformancecenter

thum Kzgperformancecenter

微調整が効く!鉛でゴルフクラブを調整するメリットとは

ゴルフクラブのヘッドに鉛を貼るなどのチューニングを行うことにより、自分のショットのクセを解消してくれます。自分のクセによって、鉛を貼るポイントが異なってきます。スイング改善には、グリップに鉛をつけるのも効果的です。

2017-02-20 00:00:00

重心を変えることで得る利点とは

thum mrnelsonm

スイングは人それぞれ、クセがあります。スライスしてしまう人、フック気味の人、高い弾道になってしまう人、低い弾道になってしまう人など、さまざまです。これらは、ヘッドに鉛を貼って重心を変えることにより解消できる場合があります。ボールを真っ直ぐ飛ばすことは飛距離を稼ぐことにもつながります。何より、OBという致命的な失敗を防げるのでスコアアップにも欠かせません。また、ショットが安定することで、安定した距離を飛ばすことができ、コース上では確実に刻みながらカップを目指せるようになります。

スライスを抑えたい場合の利用方法とは

thum si_golf

ゴルフクラブをグリップする力が弱かったり振り遅れがあったりすると、弾道がスライス気味になってしまうことがあります。フォームそのものに問題がある場合もあります。スライスをてっとり早く解消する方法にクラブヘッドに鉛を貼る方法があります。
スライスを抑えたい場合、ヘッドのインサイド側、つまりシャフト側に鉛を付けるのが基本です。単純に考えると、ヘッドのアウトサイド側に貼った方が、ヘッドが外側に向いてしまうのを防ぐ効果がありそうですが、最近のヘッドは400cc以上の大きさがあるため、インサイド側に貼ったほうが有効です。200cc以下のヘッドであれば、アウトサイド側に貼る手法が採用されます。

高い弾道のショットを打ちたい時に鉛を貼る場所とは

thum si_golf

高い弾道を打ちたい場合には、ヘッドの後ろ側に貼ることがポイントです。細かく記載すると、後ろ側の下側です。重心を低くすることができるので、ボールの弾道が自然と高くなります。特にフェアウェイの芝が早く転がる雨の日に飛距離を稼ぎたいときに有効な手段です。貼る位置の微調整で、バックスピンの具合が変化するため、打ちっぱなし練習場などで、微調整しながら、貼る位置を模索してみると良いかもしれません。

グリップにも活用できる!?

thum Allenshawgolf

プロゴルファーなどは、グリップに鉛を貼ることによりフォームを安定させている人もいます。
ゴルフクラブには、重さという重要なスペックがあり、グリップを重くすると、そのスペックも変えてしまう大きな効果を得ることができます。クラブの重さが自分には軽すぎるなどの場合には、グリップに貼ってみるのも一つの手です。グリップ専用の鉛も市販されています。
手元側の重量感が増すと、スイングの安定感が増し、安定したショットが可能になるという声も挙がっています。一度試してみてはいかがでしょうか?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!おすすめのゴルフクラブのセッティング」
http://golf-plus.jp/articles/detail/208/

2.「軌道が変わる!?ゴルフクラブの鉛の貼り方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/969/

3.「徹底比較!メンズ(男性用)とレディース(女性用)のゴルフクラブの違い」
http://golf-plus.jp/articles/detail/98/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る