thum ivcaanek

thum ivcaanek

初心者必見!ゴルフのパッティングの練習方法

グリーンにボールを乗せるまでは上手くいってもカップインが決まらなければスコアアップは期待できません。確実にスコアアップするために、簡単そうで難しいパッティングの練習方法をご紹介します。練習すれば必ず上手くなります。

2017-02-20 00:00:00

パッティングはスコアを決める

thum 3matas3

パターを制する者はゴルフを制するとも言えるほど、ゲーム展開に大きな影響を及ぼすパッティングを少しでも安定させる事がスコアアップの近道と言えます。とはいえ、パターを安定させることはプロにとっても簡単な事ではありません。ましてや、仕事などの合間に練習をするしかない方にとっては、より効果的な練習を実践できないと上達はなかなか難しいものとなるでしょう。そこで、パッティングの練習方法を見直すために、幾つかのポイントをご紹介します。

目線はカップへ

thum berti_bole

パッティングの技術を向上させるための練習方法として、まずはボールから目をそらし、カップに注目することから始めましょう。こうする事で、安定したパッティングに不可欠な距離感を磨くことができます。カップとボールの位置をしっかりと把握して、スイングの強さを調節することで、ちょうど良い強さで打つ事ができるようになるのです。地味な練習に思えるかもしれませんが、パッティングを極めるためには地道な練習を欠かすことができません。

距離感さえつかめていれば、例えロングパットになってしまって入らないとしても、次のショットでカップインする確率を大幅に上げることができます。つまり、正しい距離感を培うことはパッティングの生命線となるのです。

スピードに変化をつける

thum lydia_gouw

パッティングの名手と呼ばれた名ゴルファーも実践していた練習法として、スピードを変えて打つパッティング練習というものがあります。最初のボールは弱めに打ち、その曲がり幅の大きさを確かめます。その次のボールは強めに打ち、曲がり幅が少ない場合のボールの軌道を確かめます。そして、3打目にカップにめがけて、ベストと思える強さで打ってみます。そうすると、どれくらいの強弱でボールに変化が生まれるのかが理解できるようになります。この絶妙な力加減を身につけてこそ、安定したパッティングを身につけることができるのです。

自宅で練習する場合は、パター練習マットを使うこともできますが、練習マットを使うと距離感が常に一定になってしまうというデメリットがあります。かといって家に穴を開けてホールを作ることもできません。そこで、カーペットの上から家の壁に向かってボールを打ち、壁に当たるぎりぎりで止まるように調整して打つ方法をお勧めします。そうすればいろいろな角度や、距離からパットの強弱を試す事ができますし、練習マットを広げる手間も省けます。

メンタルは重要

thum janaknesl

パッティングで技術を生かすために不可欠な要素として強いメンタルが欠かせません。グリーンの上は普通よりも緊張するかもしれません。最後にホールインを決めるためには、その緊張感を味方につける必要がありますし、例えミスショットになったとしても冷静に立て直す精神力が大切です。

そのためには日ごろの練習の時から、第三者の目線で自分を解説してみると良いでしょう。自分のフォームを心の中で解説し、想定している状況を解説し、その時に抱くと思われる心情を解説してみます。そうすると、客観的に自分を見ることができますので、自然と冷静な視点で自分自身を捉えることができます。練習の時からこの思考を身につけておけば、実戦の時はその時の状況や自分の心情を解説しながら臨む癖ができます。そして、そうした習慣は常に冷静な思考を保つのに役立つのです。冷静さを欠く事が無ければ、多少のミスを挽回するチャンスはいくらでも回ってきますし、次の一打に集中する事が容易になります。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る