thum

thum

直し方が分からない。ゴルフのシャンクの3つの原因

時にプロですら陥ってしまうシャンクというミスがあります。これは、インパクトの瞬間ボールが右に飛び出してしまう事で、その後のプレーにもメンタルにも大きく関係してくるミスの一つです。ではシャンクの原因とはなんでしょうか?

2017-02-20 00:00:00

シャンクとは

thum

十分に狙いを定めて、しっかりとスイングしたはずなのに、いきなりボールが右方向に飛び出してしまうことがあります。これを、シャンクと言います。シャンクとは、ゴルフの中でも最も嫌われるミスの一つでありながら、プロでも時折出してしまうほどその克服が難しいものともされています。

シャンクの原因としては、インパクトの瞬間、クラブの中央ではなく、根っこの部分でボールを叩いてしまう事から生じます。この根っこの部分をホーゼルと言いますが、ホーゼルに当たったボールは当然、せっかくの軸回転と体重移動で伝わるはずのパワーを失うばかりか、全く見当違いの方向へと飛んでいくことになります。このシャンクを出してしまうと、修正が効かずに打ち直しを余儀なくされる事もあるので十分注意したいところです。

ではなぜこのような事が起こるのでしょうか?

原因1 フォームが定まっていない

thum

シャンクの原因の一つとして挙げられるのが、基本のフォームが固まっていないという事です。つまり、適正な体重移動と軸回転が定まっていないので、スイングの度に体の開きや、体重移動の仕方が変わってしまい、不安定なスイング軌道を引き起こします。スイング軌道が不安定と言うことは、クラブの出る角度、クラブヘッドの軌道が変わってしまい最悪の結果としてクラブヘッドがボールに当たらず、クラブの根っこが当たってしまうということになるのです。

自分では毎回同じ位置にボールを置いているつもりでも、自分のスイングが毎回安定していないのであれば、結局は動いているボールを打つ野球と同じです。時折芯に当たらずに、野球で言うところのファールを打ってしまうのと同じ原理というわけです。

原因2 腕が前に出ている

thum

シャンクを引き起こす原因として考えられる別の要素は、腕が体から離れ過ぎているという事です。つまり、わきの締めが甘く、インパクトの瞬間につい腕が体から離れてしまっているかもしれません。軸回転や体重移動がおおむね問題ないとしても、ボールに当てたいという意識がこうしたわずかなズレを生じさせてしまう可能性があります。

腕が体から離れると、当然クラブの位置も前に出ます。予想していた軌道よりもボールの外側をクラブヘッドが通過する事になりますから、その分シャンクになってしまう危険性が高まっているのです。

原因3 体が前に出ている

thum

また、体全体が前のめりになっている事もシャンクの原因として考えられます。つまり、軸回転としての体重移動が上手くいっていないというケースです。遠くに飛ばそうとして大ぶりになると、この症状が出やすくなるかもしれません。インパクトの瞬間に向けて体が前のめりになってしまうと、それだけクラブの軌道もテイクバックの位置からのきれいな軌道とはならずクラブヘッドの芯でとらえることが難しくなります。

また体重移動や軸回転が上手くいかないと、手打ちになってしまう危険性が高まります。手打ちになるとパワーをボールに伝えることができなくなるだけでなく、その時の無理な手首の返しによってクラブヘッドの軌道を反らせてしまう可能性があります。そうすると、空振りしたり、ヘッドのかなり内側でボールを叩いてしまうこともあり、最悪の場合シャンクとなってしまうのです。

ボールを打つ事だけに意識を向けすぎると、体の動かし方に注意が行かなくなってしまうので、シャンク対策をするうえでは再度確認しておくべきポイントと言えるでしょう。


シャンクの原因についてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG ゴルフ シャンクの原因 スイング
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る